読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スープごはん

長い間 ブログをサボっていました…
というか ブログネタが ありませんでした。


4月だし 春らしいネタを書けば良いんですけど…

季節には全く関係なく
コンビニで こんな商品を見つけました。



f:id:DT-504:20170415081335j:plain

↑大昔にFacebookでUPしましたが
レンジで調理する〔カップヌードルごはん〕を食べた事がありまして
当時の食後の感想は
「二度と買わない」でした。



f:id:DT-504:20170415082649j:plain

↑でも 今回は 「スープごはん」だし ちょっと期待。



f:id:DT-504:20170415082829j:plain

↑調理方法は お湯を入れて5分待つだけ。



f:id:DT-504:20170415083012j:plain

↑味は?
ご飯も本物で 食感も◎
スープも具材も カップヌードルそのまま◎

麺の食感に飽きた時は たまには良いかも。




f:id:DT-504:20170415083437j:plain

↑完食しました。
…で感想は?


「二度と買わない」


決してマズくはないです。
上手く表現出来ませんが 問題は全体的なバランスなんです。

完食したけど 「また食べたいな~」みたいな楽しみが湧かないんです。

結果的に
普通のカップヌードルが一番美味しいんだと 再認識をした食レポでした。

広告を非表示にする

「やってみよう」

TVで何度か目にしているCMです。

YouTubeで迷い歩いていたら フルVerを見つけました。

聞き覚えのある童謡をアレンジしていますが
リズムと、わかりやすい歌詞もドンピシャにハマり
久々に見つけた「やる気」が湧く歌です。



「やってみよう」 フルver. /WANIMA【公式】 - YouTube

広告を非表示にする

ー2017ー


f:id:DT-504:20170101164611j:plain

みなさん
明けましたね~
おめでとうございます。

ご覧のように 朝から飲んでおります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする

いざ ガーポルへ ⑦ まとめ

画像いろいろ‥‥

f:id:DT-504:20161216114523j:plain


f:id:DT-504:20161216114555j:plain

↑移動の道中で出会った車

日本で見たら 浮いている車も
異国だと 違和感なく見えます。


f:id:DT-504:20161216114922j:plain

↑「ガーポル」で「ルービー」です。
念願だった本国のタイガービールとレッドブルを飲むことが出来ました。 本場タイガービールの味は至って普通。
しかし レッドブルは成分が違うためなのか(日本製はカフェイン、海外製はタウリン)味は甘さが少なく 飲みやすく感じました。


f:id:DT-504:20161216123339j:plain



f:id:DT-504:20161216123319j:plain



f:id:DT-504:20161216123405j:plain

シンガポール限定。
チキン味のわりには 素朴な味でした。


f:id:DT-504:20161216123844j:plain
↑コンビニで売られていた「バニラ コーラ」
あなたなら 買う?


f:id:DT-504:20161216124103j:plain

↑ちなみに1ドル=約80円です。
あなたなら 買う?


f:id:DT-504:20161216124532j:plain

↑展望台から見る 屋上プール


f:id:DT-504:20161216124659j:plain

↑ホテル館内
12月のオープンなんですが まだでした。


f:id:DT-504:20161216124822j:plain
↑客室カードキー

セキュリティのため これをエレベーターに かざさないと動かない仕組みになっています。


f:id:DT-504:20161216125238j:plain

↑ホテル前

電線がどこにもありません。
街が澄んで見えます
天気が良ければ もっと綺麗なんでしょうね。


f:id:DT-504:20161216125750j:plain
↑マリーナ湾の注意書

魚を釣ったら 3000ドル!!




~最後に~
当時の気温は30℃
それに雨季で蒸し暑いですが
観光地のバスと飲食店内のクーラーは異常に効いており かなり寒いです。 薄手の長袖持参をオススメします。
あと少々の語学力の持参もオススメします。

今回の ツアールートに出た食事は朝食以外は ほぼ中華系で 味付けは
「極端に辛い」か
「極端に甘辛い」料理が多かったと思います。


*【これらの感想には 個人差が ございます】


まだ シンガポールに行った事の無い そこのあなた!
日本では 絶対味わえない 文化 街並みを是非 体感してみてください。




f:id:DT-504:20161216150509j:plain


最後まで ご覧いただき ありがとうございました。

「いざ ガーポルへ」 おわり…。

いざ ガーポルへ ⑥ 市街地サーキットの巻

自由行動の時間が取れたので ホテル周辺を散策しようと地図を調べてたら
近くに 今年の9月に行われた「F1グランプリ」のレース会場がある事を知り
ホテルから徒歩30分の距離ですが 1人で向かってみました。


f:id:DT-504:20161214215858j:plain

↑ホテル前の「イースト コースト パークウェイ」を直進


f:id:DT-504:20161214220156j:plain
↑マリーナ湾を渡り「ラッフルズ アヴェニュー」を右折


f:id:DT-504:20161214220415j:plain

↑分岐を左折すると


f:id:DT-504:20161214220542j:plain

↑それらしくなってきました。


f:id:DT-504:20161214220657j:plain

↑まさに それです。
市街地サーキットの一部です。
車もバスも普通に通行しています。


f:id:DT-504:20161214220938j:plain

↑ピット裏です。
何故か すんなり入れました。


f:id:DT-504:20161214221216j:plain

↑スタンド裏です。
ここも すんなり入れました。



f:id:DT-504:20161214221635j:plain
↑しばらく歩くと…


f:id:DT-504:20161214221843j:plain
↑入れちゃいました
現在は閉鎖しています
人は誰一人いません。

無我夢中で スマホとデジカメのシャッターを押しまくりました。



f:id:DT-504:20161215115236j:plain


f:id:DT-504:20161215115434j:plain
↑2016 F1グランプリ シンガポール ナイトレース


f:id:DT-504:20161215115455j:plain

↑ピット前



f:id:DT-504:20161215115720j:plain

↑間違いなければ スタート&フィニッシュラインと ピットロードのはずです。


f:id:DT-504:20161215175126j:plain

↑TV中継では 普通に映るコースサイドの縁石


f:id:DT-504:20161215175431j:plain

↑近くで見ると 凹に加工されていて 排水口がありました。

レース中継では 気にせず見てましたが 初めて知りました 小さな感動です。

続けて最終コーナーからの撮影をしていたら‥‥


f:id:DT-504:20161215214049j:plain

↑「ブルルル‥‥」
かなり遠くから エンジン音。
「んっ?」


f:id:DT-504:20161215214522j:plain

↑マーシャルカートに乗った係員がこっちに来て
「No Photo! No Photo! 」
ジェスチャーからして怒っているのがわかりました。

*僕 「sorry、ごめんなさい」

係員が急に表情を変え
「Japanese?」

*僕 「Yes」 「I don't speak English」

*係員 「Honda! Honda!」

急に表情を変え ピットに指を指して「ホンダのファンだよ~」みたいなジェスチャーをして その後は手招きされながら サーキットを出ました。

どうやら 立ち入り禁止だったようです。

ここで中学で身につけた英語が役にたちました。

ありがとう 先生!
ありがとう ニューホライズン



f:id:DT-504:20161215222101j:plain

↑大事にならなくて良かったですが 無人のサーキットに入れるなんて貴重な経験しました。


つづく…。

いざ ガーポルへ ⑤China townの巻

シンガポール多民族国家
インド系 マレー系 中華系と多様な文化が共存しています。
今回は…


f:id:DT-504:20161214204842j:plain

↑チャイナタウン



f:id:DT-504:20161214205132j:plain

↑バスを下車し 「あっ、異国だ!」と思った瞬間
それは…

f:id:DT-504:20161214205658j:plain

↑こんな光景 日本では見ることは出来ません。


f:id:DT-504:20161214210506j:plain



f:id:DT-504:20161214211109j:plain

↑タトゥー専門店らしいですが
よく見ると チューブから取り出した塗料を筆に付け肌に塗り付け はがして取れるタイプ。
観光客相手のお店ですね。



f:id:DT-504:20161214210432j:plain




f:id:DT-504:20161214210156j:plain



f:id:DT-504:20161214210346j:plain



f:id:DT-504:20161214211955j:plain



f:id:DT-504:20161214212033j:plain



f:id:DT-504:20161214212114j:plain



f:id:DT-504:20161214213548j:plain



f:id:DT-504:20161214212912j:plain
↑チャイナタウンの広場の一部では日本で言う将棋みたいな物で対局していました。


f:id:DT-504:20161214212136j:plain

↑何かの撮影なんでしょうか?
モデルさんより カメラマンに目が行ってしまいます。


つづく…。

いざ ガーポルへ ④マー君に会いに行くの巻


f:id:DT-504:20161214122407j:plain

マー君です。


f:id:DT-504:20161214122506j:plain

↑ホテルから近い場所にありました。
やはり 世界的に有名な観光地なので 人酔いしそうなくらい観光客が多いです。

回りを見渡せば マーライオンをバックに記念撮影をしています。
「はい チーズ!」
「イー アル サンー!」
お決まりの かけ声。


お国によっては いろんな撮影方があります。
そんな撮影している人達を撮影してみました。

f:id:DT-504:20161214124152j:plain
↑撮影例 ①


f:id:DT-504:20161214124258j:plain

↑撮影例 ②


f:id:DT-504:20161214124348j:plain

↑撮影例 ③


f:id:DT-504:20161214124433j:plain

↑撮影例 ④






f:id:DT-504:20161214125032j:plain

マーライオン近くのレストラン裏の風景。
どんな会話をしているのでしょうか。

*アイスの人
「先輩 僕はいつになったら厨房に立たせてもらえるんですか?」

*タバコの人
「フ~ッ 10年 早ぇんだよ!」

※想像です


つづく…。