いざ ガーポルへ ⑥ 市街地サーキットの巻

自由行動の時間が取れたので ホテル周辺を散策しようと地図を調べてたら
近くに 今年の9月に行われた「F1グランプリ」のレース会場がある事を知り
ホテルから徒歩30分の距離ですが 1人で向かってみました。


f:id:DT-504:20161214215858j:plain

↑ホテル前の「イースト コースト パークウェイ」を直進


f:id:DT-504:20161214220156j:plain
↑マリーナ湾を渡り「ラッフルズ アヴェニュー」を右折


f:id:DT-504:20161214220415j:plain

↑分岐を左折すると


f:id:DT-504:20161214220542j:plain

↑それらしくなってきました。


f:id:DT-504:20161214220657j:plain

↑まさに それです。
市街地サーキットの一部です。
車もバスも普通に通行しています。


f:id:DT-504:20161214220938j:plain

↑ピット裏です。
何故か すんなり入れました。


f:id:DT-504:20161214221216j:plain

↑スタンド裏です。
ここも すんなり入れました。



f:id:DT-504:20161214221635j:plain
↑しばらく歩くと…


f:id:DT-504:20161214221843j:plain
↑入れちゃいました
現在は閉鎖しています
人は誰一人いません。

無我夢中で スマホとデジカメのシャッターを押しまくりました。



f:id:DT-504:20161215115236j:plain


f:id:DT-504:20161215115434j:plain
↑2016 F1グランプリ シンガポール ナイトレース


f:id:DT-504:20161215115455j:plain

↑ピット前



f:id:DT-504:20161215115720j:plain

↑間違いなければ スタート&フィニッシュラインと ピットロードのはずです。


f:id:DT-504:20161215175126j:plain

↑TV中継では 普通に映るコースサイドの縁石


f:id:DT-504:20161215175431j:plain

↑近くで見ると 凹に加工されていて 排水口がありました。

レース中継では 気にせず見てましたが 初めて知りました 小さな感動です。

続けて最終コーナーからの撮影をしていたら‥‥


f:id:DT-504:20161215214049j:plain

↑「ブルルル‥‥」
かなり遠くから エンジン音。
「んっ?」


f:id:DT-504:20161215214522j:plain

↑マーシャルカートに乗った係員がこっちに来て
「No Photo! No Photo! 」
ジェスチャーからして怒っているのがわかりました。

*僕 「sorry、ごめんなさい」

係員が急に表情を変え
「Japanese?」

*僕 「Yes」 「I don't speak English」

*係員 「Honda! Honda!」

急に表情を変え ピットに指を指して「ホンダのファンだよ~」みたいなジェスチャーをされ その後は手招きされながら サーキットを出ました。

どうやら 立ち入り禁止だったようです。

ここで中学で身につけた英語が役にたちました。

ありがとう 先生!
ありがとう ニューホライズン



f:id:DT-504:20161215222101j:plain

↑大事にならなくて良かったですが 無人のサーキットに入れるなんて貴重な経験しました。


⑦へつづく…。

いざ ガーポルへ ⑤China townの巻

シンガポール多民族国家
インド系 マレー系 中華系と多様な文化が共存しています。
今回は…


f:id:DT-504:20161214204842j:plain

↑チャイナタウン



f:id:DT-504:20161214205132j:plain

↑バスを下車し 「あっ、異国だ!」と思った瞬間
それは…

f:id:DT-504:20161214205658j:plain

↑こんな光景 日本では見ることは出来ません。


f:id:DT-504:20161214210506j:plain



f:id:DT-504:20161214211109j:plain

↑タトゥー専門店らしいですが
よく見ると チューブから取り出した塗料を筆に付け肌に塗り付け はがして取れるタイプ。
観光客相手のお店ですね。



f:id:DT-504:20161214210432j:plain




f:id:DT-504:20161214210156j:plain



f:id:DT-504:20161214210346j:plain



f:id:DT-504:20161214211955j:plain



f:id:DT-504:20161214212033j:plain



f:id:DT-504:20161214212114j:plain



f:id:DT-504:20161214213548j:plain



f:id:DT-504:20161214212912j:plain
↑チャイナタウンの広場の一部では日本で言う将棋みたいな物で対局していました。


f:id:DT-504:20161214212136j:plain

↑何かの撮影なんでしょうか?
モデルさんより カメラマンに目が行ってしまいます。


⑥へつづく…。

いざ ガーポルへ ④マー君に会いに行くの巻


f:id:DT-504:20161214122407j:plain

マー君です。


f:id:DT-504:20161214122506j:plain

↑ホテルから近い場所にありました。
やはり 世界的に有名な観光地なので 人酔いしそうなくらい観光客が多いです。

回りを見渡せば マーライオンをバックに記念撮影をしています。
「はい チーズ!」
「イー アル サンー!」
お決まりの かけ声。


お国によっては いろんな撮影方があります。
そんな撮影している人達を撮影してみました。

f:id:DT-504:20161214124152j:plain
↑撮影例 ①


f:id:DT-504:20161214124258j:plain

↑撮影例 ②


f:id:DT-504:20161214124348j:plain

↑撮影例 ③


f:id:DT-504:20161214124433j:plain

↑撮影例 ④






f:id:DT-504:20161214125032j:plain

マーライオン近くのレストラン裏の風景。
どんな会話をしているのでしょうか。

*アイスの人
「先輩 僕はいつになったら厨房に立たせてもらえるんですか?」

*タバコの人
「フ~ッ 10年 早ぇんだよ!」

※想像です


⑤へつづく…。

いざ ガーポルへ ③ホテル(客室)の巻

体は疲れているはずなのに 目が冴えて なかなか寝付けません。
ふかふか過ぎる枕
ふかふか過ぎる ふとん
自動で開閉するカーテン‥

ビジネスホテルしか経験がないため
毎日 驚きの連続で 寝不足です。



f:id:DT-504:20161213214447j:plain

↑客室からの景色(左)


f:id:DT-504:20161213214533j:plain

↑客室からの景色(中)


f:id:DT-504:20161213214608j:plain

↑客室からの景色(右)



f:id:DT-504:20161213222530j:plain

↑日本の電圧は100Vに対して
シンガポールは230Vでコンセントプラグも三つ穴で形状が違います。


f:id:DT-504:20161213223032j:plain

↑でも 一部のホテルでは右側のような 各国のコンセントを使用出来るマルチプラグも設置されているようです。
もちろん日本のコンセントも使えましたよ。



f:id:DT-504:20161213214703j:plain

↑この空間…落ち着けません



f:id:DT-504:20161213214804j:plain


f:id:DT-504:20161213214835j:plain

↑壁が透けていて 落ちつかず
これじゃ「出る物」も出ません。



f:id:DT-504:20161213215152j:plain


↑テレビ台の下には…


f:id:DT-504:20161213215246j:plain

↑!?


f:id:DT-504:20161213215455j:plain

↑!!


f:id:DT-504:20161213215621j:plain

↑ドリンクバーは とても充実していて 毎晩が楽しみです。

④へつづく…。

いざ ガーポルへ ②ホテル(館内)の巻


f:id:DT-504:20161213194247j:plain

↑今回の宿泊先「Marina Bay Sands」
3つのタワーがつながった 特徴的な建物。


f:id:DT-504:20161213204856j:plain

↑12月なのですが 気温30℃に見るクリスマスツリーって 違和感に思えます。

f:id:DT-504:20161213194201j:plain

↑マリーナ湾と夜景



f:id:DT-504:20161213195956j:plain

ランボルギーニラカン

f:id:DT-504:20161213200002j:plain


f:id:DT-504:20161213201933j:plain

↑合計 約8000万円~

f:id:DT-504:20161213202038j:plain
↑合計 億超え~

f:id:DT-504:20161213202104j:plain


f:id:DT-504:20161213202115j:plain


↑こんなクルマ達が普通に駐車されていました。


f:id:DT-504:20161213200956j:plain


ホテル内の風景。
カジノはもちろん 飲食店やブティックなど約300店舗が入っています。


f:id:DT-504:20161213201259j:plain
↑「B」とか


f:id:DT-504:20161213201439j:plain

↑「C」とか


f:id:DT-504:20161213201553j:plain


↑「D」とか


f:id:DT-504:20161213201622j:plain

↑「F」も!





f:id:DT-504:20161213204545j:plain

↑ホテルでこれを発見した時 なんだかホッとしました。



f:id:DT-504:20161213211030j:plain




f:id:DT-504:20161213211059j:plain




f:id:DT-504:20161213211115j:plain
↑ホテル最上階に宿泊者のみしか利用出来ない 全長150㍍の絶景なプールがあります。

いくら気温が30℃でも 天気は曇りで 上空は風が吹いてるし 肌寒く 遊泳している人は 少なめでした。

③へつづく‥。

いざ ガーポルへ ①出国の巻


f:id:DT-504:20161212213848j:plain



f:id:DT-504:20161212213906j:plain

↑研修のため “ガーポル”に向かいます。 ウン十年ぶりの海外です。

小松空港から羽田国際線に乗り継ぎ チャンギ国際空港に向け出国!



f:id:DT-504:20161212213929j:plain



f:id:DT-504:20161212214707j:plain



f:id:DT-504:20161212214928j:plain

↑出発当時の気温(10℃)の服装で搭乗していたので 現地空港に到着した途端 全身から汗が吹き出してきました。
だって気温30℃ 湿度70%…
まさに日本の8月です。



f:id:DT-504:20161212215032j:plain
↑かと思えば バスの車内は エアコンが効きすぎて寒い…。

f:id:DT-504:20161212215041j:plain
↑走行中のバス車内から 一場面ですが なんとなく異国を実感してきました。

②へつづく‥。

いざ 岩手(花巻)へ!③ 岩手国体 クレー射撃競技


f:id:DT-504:20161008154151j:plain

↑花巻南出口から3分で到着しました。

f:id:DT-504:20161008154338j:plain

↑到着時の気温は11℃…今年初めて鼻水を流しました。
本当に寒かったです。

f:id:DT-504:20161008154616j:plain

でも チーム石川は応援旗の色のようにアツイ!
しかも 競技場の一番目立つ場所に飾られていました。

f:id:DT-504:20161008155129j:plain



f:id:DT-504:20161008155140j:plain



f:id:DT-504:20161008155146j:plain

↑天候が悪くても 大勢のギャラリー


f:id:DT-504:20161008155355j:plain

↑そんな中 チーム石川の HサンとIサンが 作戦会議。
カメラに気づいたIサンが 最近覚えたてのパントマイムを披露してくれました。


f:id:DT-504:20161008155808j:plain

↑ トラップ会場


f:id:DT-504:20161008155836j:plain

↑スキート会場


f:id:DT-504:20161008155920j:plain

↑Iサン


f:id:DT-504:20161008160103j:plain
↑Iサン


f:id:DT-504:20161008160124j:plain

↑Hサン


f:id:DT-504:20161008160149j:plain

↑Hサン


f:id:DT-504:20161008160234j:plain

↑初国体のY光サン
初めてと思えないオーラを感じました。


f:id:DT-504:20161008160208j:plain

↑試合後のY光サン
「昨日、中尊寺金色堂でレトロな消防車を見つけちゃってさ~」と電話で盛り上がっていました。




f:id:DT-504:20161008161429j:plain
滞在時間 6時間
今から 約8時間かけて家に帰ります。

のこり2日間です 頑張れ「チーム石川」!
700㎞離れた大地から応援していますよ!!