いざ ガーポルへ ⑥ 市街地サーキットの巻

自由行動の時間が取れたので ホテル周辺を散策しようと地図を調べてたら
近くに 今年の9月に行われた「F1グランプリ」のレース会場がある事を知り
ホテルから徒歩30分の距離ですが 1人で向かってみました。


f:id:DT-504:20161214215858j:plain

↑ホテル前の「イースト コースト パークウェイ」を直進


f:id:DT-504:20161214220156j:plain
↑マリーナ湾を渡り「ラッフルズ アヴェニュー」を右折


f:id:DT-504:20161214220415j:plain

↑分岐を左折すると


f:id:DT-504:20161214220542j:plain

↑それらしくなってきました。


f:id:DT-504:20161214220657j:plain

↑まさに それです。
市街地サーキットの一部です。
車もバスも普通に通行しています。


f:id:DT-504:20161214220938j:plain

↑ピット裏です。
何故か すんなり入れました。


f:id:DT-504:20161214221216j:plain

↑スタンド裏です。
ここも すんなり入れました。



f:id:DT-504:20161214221635j:plain
↑しばらく歩くと…


f:id:DT-504:20161214221843j:plain
↑入れちゃいました
現在は閉鎖しています
人は誰一人いません。

無我夢中で スマホとデジカメのシャッターを押しまくりました。



f:id:DT-504:20161215115236j:plain


f:id:DT-504:20161215115434j:plain
↑2016 F1グランプリ シンガポール ナイトレース


f:id:DT-504:20161215115455j:plain

↑ピット前



f:id:DT-504:20161215115720j:plain

↑間違いなければ スタート&フィニッシュラインと ピットロードのはずです。


f:id:DT-504:20161215175126j:plain

↑TV中継では 普通に映るコースサイドの縁石


f:id:DT-504:20161215175431j:plain

↑近くで見ると 凹に加工されていて 排水口がありました。

レース中継では 気にせず見てましたが 初めて知りました 小さな感動です。

続けて最終コーナーからの撮影をしていたら‥‥


f:id:DT-504:20161215214049j:plain

↑「ブルルル‥‥」
かなり遠くから エンジン音。
「んっ?」


f:id:DT-504:20161215214522j:plain

↑マーシャルカートに乗った係員がこっちに来て
「No Photo! No Photo! 」
ジェスチャーからして怒っているのがわかりました。

*僕 「sorry、ごめんなさい」

係員が急に表情を変え
「Japanese?」

*僕 「Yes」 「I don't speak English」

*係員 「Honda! Honda!」

急に表情を変え ピットに指を指して「ホンダのファンだよ~」みたいなジェスチャーをされ その後は手招きされながら サーキットを出ました。

どうやら 立ち入り禁止だったようです。

ここで中学で身につけた英語が役にたちました。

ありがとう 先生!
ありがとう ニューホライズン



f:id:DT-504:20161215222101j:plain

↑大事にならなくて良かったですが 無人のサーキットに入れるなんて貴重な経験しました。


⑦へつづく…。